-- 東京大学出版会 -- 2002.9 -- 808

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
館内 第1資料 /808/シ/2 914390216 一般 利用可

資料詳細

タイトル シリーズ言語科学 2
書名カナ シリーズ ゲンゴ カガク
巻の書名 認知言語学
各巻著者 西村 義樹/編
出版者 東京大学出版会
出版年 2002.9
ページ数 317p
大きさ 22cm
一般件名 言語学
NDC分類 808
内容紹介 事象構造(event structure)をカバー・タームとして、出来事の把握や輪郭づけが言語にどのように具現するかをとりあげ、心のメカニズムと言語の関係を明らかにする。
ISBN 4-13-084072-X

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
英語中間構文とその周辺 本多 啓/著 11-36
フランス語の再帰構文 春木 仁孝/著 37-62
受影性と受身 坪井 栄治郎/著 63-86
英語受動文 寺沢 盾/著 87-110
ドイツ語中間構文の認知論的ネットワーク 坂本 真樹/著 111-136
英語進行形の概念構造について 友沢 宏隆/著 137-160
英語所有格表現の諸相 早瀬 尚子/著 161-186
使役移動構文における意味的制約 松本 曜/著 187-214
中国語二重主語文の意味と構造 木村 英樹/著 215-242
日本語の「に-が」構文と分裂主語性 熊代 敏行/著 243-260
「悲しさ」「さびしさ」はどこにあるのか 篠原 俊吾/著 261-284
換喩と文法現象 西村 義樹/著 285-312