楊 儒賓/共編 -- 勉誠出版 -- 2002.10 -- 222

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
館内 地下書庫 /222/ヨ02/ 914629483 一般 利用可

資料詳細

タイトル 日本漢学研究初探
書名カナ ニホン カンガク ケンキュウ ショタン
著者 楊 儒賓 /共編, 張 宝三 /共編  
著者カナ ヨウ,ジュヒン    チョウ,ホウサン     
出版者 勉誠出版
出版年 2002.10
ページ数 436p
大きさ 22cm
一般件名 中国研究 , 儒学 , 中国文学
NDC分類 222
内容紹介 漢学が国際的な高まりを見せる中、古くから中国文化を輸入し独自の発展をしてきた日本漢学について新たな視点で捉える。日中両国のトップ研究者たちが参加する論文集。
ISBN 4-585-03092-1

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
日本の漢学が華人に与えるもの 鄭 清茂/著 4-19
日本の近代における『詩経』研究について 李 慶/著 20-51
竹添光鴻『左伝会箋』の経典解釈方法 林 慶彰/著 52-86
近代日本における孔子教論者の天命説について 陳 【イ】芬/著 87-129
葉適と荻生徂徠 楊 儒賓/著 130-171
日本人研究者が中国思想に対して抱く問題意識 中嶋 隆蔵/著 172-189
平安初期の物語文学における中国文学の受容 陳 明姿/著 190-213
竜谷大学所蔵、元・郭居敬撰『百香詩選』等四種百詠詩について 金 文京/著 214-229
『敦煌願文集』と日本中世の唱導資料 小峰 和明/著 230-233
【ケン】山の涙 川合 康三/著 234-262
日本に残る唐詩資料について 斎藤 茂/著 263-277
淡海三船をめぐる東アジアの詩文交流 王 勇/著 278-304
日本漢文学の歴史的展開に関する一考察 沈 慶昊/著 305-328
二十世紀初頭の日本人漢学者の目に映った文化の中国と現実の中国 黄 俊傑/著 329-378
台北帝国大学在職期における神田喜一郎の研究 張 宝三/著 379-409
明治時代の教育における漢学塾の役割 Margaret・Mehl/著 410-434