川勝 年洋/著 -- 朝倉書店 -- 2008.4 -- 421.4

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
館内 地下書庫 /421.4/カ08/ 915500395 一般 利用可

資料詳細

タイトル 統計物理学
書名カナ トウケイ ブツリガク
叢書名 現代物理学<基礎シリーズ>
著者 川勝 年洋 /著  
著者カナ カワカツ,トシヒロ     
出版者 朝倉書店
出版年 2008.4
ページ数 6,171p
大きさ 21cm
一般件名 統計力学
NDC分類 421.4
内容紹介 統計力学の原理について、具体的な計算を取り入れ、わかりやすく解説。基礎になる統計集団の概念やエントロピーの微視的な定義なども、合理的に説明する。大学学部における平衡統計力学の講義ノートをまとめたもの。
ISBN 4-254-13774-3

目次

1.序章
1.1 熱力学と統計力学の関係
1.2 エントロピーと熱力学ポテンシャル
2.熱力学の基礎事項の復習
2.1 平衡状態と熱力学第0法則
2.2 熱力学第1法則とエントロピーの導出
2.3 熱力学第2法則と熱力学ポテンシャル
2.4 有用な熱力学の一般的関係式
2.5 状態方程式-系に固有の性質-
3.統計力学の基礎
3.1 位相空間とリウビルの定理
3.2 統計力学における非可逆過程
3.3 量子状態と量子統計・古典統計
3.4 エントロピーの微視的な定義と統計集団
3.5 ミクロカノニカル集団
3.6 カノニカル集団
3.7 グランドカノニカル集団
4.古典統計力学の応用
4.1 結晶の格子比熱の古典統計-デュロン-プティの法則-
4.2 エネルギー等分配則
4.3 結晶の格子比熱の量子効果を取り入れた扱い
5.理想量子系の統計力学
5.1 量子統計の復習
5.2 理想量子系の統計集団の定式化
5.3 理想ボーズ-アインシュタイン気体の例-光子気体とフォノン気体-
5.4 縮退のある量子系の扱い(BE・FD統計共通)
5.5 理想フェルミ-ディラック気体の例-電子気体-
5.6 理想ボーズ-アインシュタイン凝縮
6.相互作用のある多体系の協力現象
6.1 相転移の熱力学の復習
6.2 相転移の統計力学の例1-秩序・無秩序転移とイジング・モデル-
6.3 相転移の統計力学の例2-非理想気体のビリアル展開と気相-液相転移-
7.ゆらぎの統計力学
7.1 平衡状態の安定性とゆらぎ
7.2 エントロピーの安定性解析
7.3 ゆらぎの正規分布と感受率
7.4 臨界現象と感受率