菅原 光/著 -- ぺりかん社 -- 2009.12 -- 091.2

所蔵

所蔵は 3 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
館内 郷土 郷貸出/311.2/ス09/ 915793072 郷土 利用可
館内 郷土 /091.2/15/ 915793063 郷土 禁帯 利用可
館内 地下書庫 /091.2/15/ 915793081 郷土 禁帯 利用可

資料詳細

タイトル 西周の政治思想
書名カナ ニシ アマネ ノ セイジ シソウ
副書名 規律・功利・信
著者 菅原 光 /著  
著者カナ スガワラ,ヒカル     
出版者 ぺりかん社
出版年 2009.12
ページ数 270p
大きさ 22cm
NDC分類 091.2
内容紹介 「啓蒙的知識人」と「軍国主義者」という側面とに分裂した従来の西周像に挑戦。政治思想史的関心から総体的に捉え直すことで、2つの側面の複雑な関係性を解明し、近世的道徳意識と近代的秩序意識の相剋を描き出す。
ISBN 4-8315-1255-0

目次

はじめに
1 西周の生い立ち
2 政治思想史上における西周の位置づけ-二人の西周=<啓蒙思想家>か<軍国主義の創始者>か
3 各章の構成
第一章 「平常社会」論としての軍事社会論
1 嫌々ながらの軍事社会論
2 軍事社会論の背景
3 「平常社会」論としての軍事社会論
4 兵馬の権と軍人の制御
第二章 法秩序論
1 儒学と慣習法的システム
2 「兵家徳行」における「節制」と「徳行」
第三章 <君子の哲学>としての「功利主義」
1 「人世三宝説」と私欲の肯定
2 <君子の哲学>としての「功利主義」
3 「君子」とは誰か?
4 「功利主義」の二段階の構成-「積極的功利原理」と「消極的功利原理」
第四章 宗教の再構成
1 明治時代における「宗教」
2 思考方法論としての宗教論
補論1 「哲学」の発明
はじめに
1 「哲学」の成立過程
2 中江兆民の「理学」
3 西周と「理学」
補論2 西周と荻生徂徠
1 尺度としての荻生徂徠
2 徂徠という尺度への批判
3 兵学・「功利主義」・雷論
補論3 道徳問題と「教育勅語」
おわりに