姜 尚中/著 -- 岩波書店 -- 2016.1 -- 910.268

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
館内 ジュニア 岩波J新/J910.2/ナ16/ 900317241 ジュニア 利用可

資料詳細

タイトル 姜尚中と読む夏目漱石
書名カナ カン サンジュン ト ヨム ナツメ ソウセキ
叢書名 岩波ジュニア新書
著者 姜 尚中 /著  
著者カナ カン,サンジュン     
出版者 岩波書店
出版年 2016.1
ページ数 5,199p
大きさ 18cm
NDC分類 910.268
内容紹介 夏目漱石の作品はこれまでずっと、生きづらくて悩む人たちに心の糧を与えてきた。漱石に心酔する著者が、「吾輩は猫である」「三四郎」「それから」「門」「こころ」を紹介しながら、漱石の奥深い魅力を伝える。
ISBN 4-00-500821-6

目次

はじめに
第1章 文明社会はギリギリだ~『吾輩は猫である』を読む~
苦しいイギリス留学
ユーモラスで博覧強記な作品
漱石の多面性
猫が見た銭湯
漱石は裸体画がお好き
表面だけの文明開化
人間は平等が嫌い?
カーライルという人
鼻毛を抜く漱石と抜かない鷗外
第2章 『三四郎』『それから』『門』を読む~人間はどう変わるか~
前期三部作
ビルドゥングスロマン
三四郎の場合-汽車に乗って文明の世界へ
二つの世界
代助の場合-死んだような男
頭脳から肉体へ
宗助の場合
友情と愛
漱石のエロスとタブー
第3章 『こころ』を読む~受け継がれる物語~
『こころ』を読む意味
『こころ』の構造
先生との出会い
成長しあう師弟関係
同性のあいだに成立する関係
先生と父
先生の過去
死のかげ
なぜKは死んだのか